読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パナマ文書について

f:id:yuuki-aramaki:20161128002846j:plain

今日NHKスペシャルパナマ文書についての放送があったので,まとめてみました。

パナマ文書とは

パナマ文書とは,パナマにあるモサック・フォンセカという法律事務所から流出した機密文書。この事務所で運営する,タックスヘイヴンで登録されているペーパーカンパニーに関する情報により,世界中の資産家の隠し資産,租税回避の実態の一部が明らかになった。

詳細は下記サイト参照。

panamapapers.icij.org

経緯

情報のリーク元はJohn Doeと名乗る人物で,2015年8月に南ドイツ新聞に漏らされた。

John Doeは,英語版の「名無しの権兵衛」のようなもので,この人物の本名,国籍,性別等は不明。

このリークを受け,国際報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が各国の報道機関と連携してリークデータの解析含め調査中。

ICIJには日本からNHKが参加している模様。

 

パナマ文書の中身

パナマ文書は,文書というかペーパーカンパニー株主や取締役などの情報が含まれるデータを指す。

政治家,アーティストその他の有名人の名前が挙げられており,祖税逃れにつながるとして辞任に追い込まれた政治家もいる。ただし,NHKの取材によれば,パナマ文書に記載のある方の中には,そのような話に身に覚えのない方も複数いる模様。というのも,ペーパーカンパニー設立には本人確認書類や現住所確認書類があればメールで手続きができるようで,盗難によるパスポートの紛失や偽造文書の作成だったりにより他人でも申請できるようだ。

panamapapers.sueddeutsche.de

犯罪タックスヘイヴンは犯罪か

資産をタックスヘイヴンで運用して祖税逃れを図ること自体は犯罪ではない...らしい。

しかし,モラルに反するということで政治家たちは非難を浴びているみたい。

また,犯罪として脱税目的で使用さている例も,パナマ文書で多く明らかにされているみたい。

告発者のJohn Doeは,自身の声明の中で「脱税というレベルを超えるような深刻な犯罪に利用されていることを、パナマ文書を見れば疑いの余地もなく明白であることがわかる」と言っており,パナマ文書を起点にかなりの数の訴訟が生じ得るようだ。

John Doeからの声明は下記ページで読むことができます。

panamapapers.icij.org

まとめ

今日のNHKスペシャルで見るまで,パナマ文書について全然知らなかったけど,そういえば最近タックスヘイヴンて言葉よく見意味にするなとか,キャメロン首相がそれで非難されてたな,みたいなことを思い出した。

AIJ投資顧問の名前が載ってたりするみたいで,かなり根が深い問題みたい。

ちなみに,タックスヘイヴンのヘイヴンは,天国のheavenじゃなくて,避難所を指すhavenのことだそう。