脳と心の正体

意識とは幻覚で、"わたし"とは無意識のことだ。

 

日頃の意識は"わたし"を形成する一部分、五感、思考、判断等は無意識がその殆どを処理しており、そのような意味では"わたし"とは無意識がほとんど。

 

無意識を意識できるわけないので、無意識に判断した事柄に意識側から見た矛盾があると、それに筋道を立てるような嘘をつく。自己肯定感を得るために偽証する。

 

 

幸福の感じやすさは、自分が持つ幸福ホルモンセロトニンの伝達物質のタイプで決まり、これは遺伝する。

アジア人、特に日本人は幸福を感じにくいタイプが多く、欧米人は感じやすい。

 

このため、日本人は神経質で、勤勉で、不安を感じやすい国民性になる。